メイン

傳次郎日記 アーカイブ

2007年10月12日

凄いことに…(傳次郎日記)

10月10日の夜に藤間勘十郎さんと「獅子」の打ち合わせをしました。今回の「獅子」の演出テーマは“エンターテイメント”です。ネタを披露できないのが残念ですが四人の獅子がどうやって登場し舞うか楽しみにしてて下さい!以前の能と歌舞伎による「石橋」は1対1でしたが今回は2対2、舞台空間も狭く感じないように工夫はしていますが舞う方たち皆さん勢いが凄い方ばかりなのでどうなるか不安です…
晋矢さん・喜正さん・亀治郎さん・七之助さんの競演は自分も客席で観てみたい!本番は演奏しているので頭の中の想像だけで楽しみます、、、
この日は茂山逸平さんと広忠さんも合流して「月見座頭」と「能楽五変化」の打ち合わせを夜中までしました。月見座頭はオープニングから面白くしてあります。勘十郎さんの踊りに逸平さんと勘太郎さんがどう絡むかお楽しみに!能楽五変化はファッションショーの要素を取り入れて、能楽の舞・装束・面の美しさ音楽の重厚さをお楽しみください!
傳次郎

2007年10月19日

今月は…(傳次郎日記)

今月(10月)は演舞場の昼の部の連獅子の太鼓、歌舞伎座の昼の部の「羽衣」の太鼓と夜の部の「牡丹燈籠」の陰囃子を勤めてます。月末に三響會があるので午前中に演舞場やスタッフさんと打ち合わせがあり夜の八時以降は出演者の方たちと打ち合わせという生活です!もともと腰痛なので(中学生から…)移動や舞台が今月は辛いです。。。
傳次郎

2007年10月31日

感謝(傳次郎日記)

十周年の三響會が無事に終わりました!
出演者・関係者・スタッフはもちろん、台風の中お越しくださったお客さまに本当に感謝です!!!
幕が開いてガラガラだったらどうしよう…って正直不安でした!
また数日前の依頼にもかかわらずご出演いただいた萬斎さん・愛之助さんにも感謝です!(本番の萬斎さんのアドリブは…)
傳次郎

2008年02月18日

お正月(傳次郎日記)

亀井・田中家のお正月を紹介します。。。

お正月は朝8時半に実家に家族全員集合し、9時には田中流若手一門と葛野流の弟子たちとおせち料理とお雑煮をいただきます。なので佐太郎先生は台所にたち20人分の世話をしなくてはなりません!そして10時には傳左衛門氏と私は毎年恒例のセルリアンタワー能楽堂の
公演に出発、広忠氏は茂山家・天空狂言に出演のため大阪へ、佐太郎先生は年始の挨拶へ、忠雄先生は自宅でお客様をお迎えする…と、一年の始まりからバタバタです。。。
セルリアンタワーの公演はお正月から沢山のお客様が来ていただけるので大変ありがたいです(最近の春猿さんの活躍の効果が大きいかも!?)。今年の公演は「祭り囃子」を舞台で披露したり、踊りは「俄獅子」を選曲したのでいつもと違った華やかな舞台でした。公演は12時~13時まで。
すぐに私の運転で傳左衛門氏と年始の挨拶まわりに行き、15時からは実家で新年会です。
田中流一門・田中傳左衛門社中とその家族、他の流儀の方もいらっしゃるので40~50名
ぐらい集まります。社中の方は毎月各座バラバラなのでお正月の時ぐらいしか全員顔を合わせられません。新年会は祖父の時代から毎年欠かさず続いている行事です。
我が家では「寝正月」という言葉は存在しません。
こうして嵐のような正月を過ごし2日からは各座初日です!
1月は新橋演舞場の市川海老蔵公演に参加しておりました。
1月のことは次のブログで・・・

2008年02月20日

1月は…(傳次郎日記)

1月は海老蔵さんの新橋演舞場・新春歌舞伎公演「雷神不動北山櫻」に参加しておりました。
海老蔵さんとはここ3年ぐらい舞台をご一緒させていただいております。
今回の公演は海老蔵さんも初の座頭(ざがしら)ということもあり気合十分!!
パワーとスピード感、舞台に対し情熱的なところ、良い刺激になりました。

また今回の舞台が良かったのは役者はもちろんスタッフ陣の体制も素晴らしいものが
ありました!みなさん千秋楽まで公演を支えるという“職人魂”!!
演出には奈河先生と藤間勘十郎さん。
奈河先生とは猿之助さんの作品で数多くご一緒させていただき、勘十郎さんと私は十数年の仲!勘十郎さんとは色々な作品を作ってきたので、こちらから作調した音・あちらから要求される音をうまく組み合わせることが出来たので黒御簾の中は大変でしたがとても楽しかったです。
公演も完売になるほどの大盛況!話題の空中浮遊など新しい試みも斬新!

市川猿之助さんは30歳から7月の歌舞伎座公演を30年以上続けてきたそうです。
海老蔵さんも30歳。これからも“歌舞伎の進化”のお手伝いが出来るように自分も精進して頑張ります。

2008年04月07日

2月の舞台より(傳次郎日記)

2月は博多座の花形歌舞伎公演に参加しておりました。
今回の座組みは片岡愛之助氏・市川亀治郎氏・中村勘太郎氏・中村七之助氏と
三響會ではお世話になっているメンバー…!他にも中村獅童氏・市川男女蔵氏・中村亀鶴氏と若手中心の座組み。
同世代とあってみなさんとも気心知れた仲ですが舞台はやはり真剣勝負!若手中心とはいえ責任公演でもある訳ですからいつもとは違った雰囲気でした。
そんな気合溢れる舞台もお客様に伝わったのか連日満員御礼、夜の部の最後にはカーテンコールでお客様も総立ちと素晴らしい公演となりました。
地方公演ではホテルが多いのですが、博多では知人の経営しているウィークリーマンションを紹介していただき1ヵ月間滞在していました。マンションも去年の夏にできたばかりで、お風呂にテレビやスチームサウナが付いていたので快適な生活でした。
博多では公演の後は必ず毎日ジムに行き、走ったり泳いだりトレーニングしていました。
東京だと公演の他に三響會の打ち合わせや色々な会社にイベントの会議に行ったりと…中々自分の時間がないので地方公演で体を鍛えたり体重管理をしたりしています。
仕事もプライベートも充実した1ヶ月となりました!

2008年04月15日

3月の舞台より(傳次郎日記)

3月は歌舞伎座の序幕「春の寿」と新橋演舞場の「ヤマトタケル」に参加。

歌舞伎座では久しぶりに傳左衛門氏と舞台が一緒で、太鼓で歌舞伎公演の出囃子に出るのも久しぶりでした。。。最近は小鼓で出演する機会が多く、今年も太鼓の役は少ないかも(汗)!近年の歌舞伎公演の多さと一昨年に祖父の一番弟子の田中傳兵衛が亡くなったのが重なり傳左衛門氏と共に公演に参加する機会も減ってきました。

また「ヤマトタケル」は初演では先輩が作調されたのですが、再演のバージョンは自分が作調させていただきました。猿之助さんは18歳から担当させていただき、本当にかわいがっていただき、たくさんの作品を勉強させていただきました。生意気だった若造を抜擢していただき、それに応えるための勉強や挑戦、葛藤、自分にとって最も有難い青春時代だったと思います。またスーパー歌舞伎に参加させていただいたおかげで今日の三響會の演出もあるのだと思います。スーパー歌舞伎の“夢見る力”や“ロマンの病”(作品観た方しかわからないかも…)はたいせつなメッセージです。猿之助さんとも久しぶりに稽古場でお会いでき笑顔で挨拶してくださり、ホントに尽くしてよかった!って思いました。4月は博多座、5月は大阪・松竹座、6月は名古屋・中日劇場なので是非ともご覧ください。(最後は宣伝!)

2008年04月23日

3月27日獅子虎傳阿吽堂 Vol.4(傳次郎日記)

今年も世田谷パブリックシアターでの企画公演をさせていただいた。

パブリックの芸術監督であられる、野村萬斎氏と広忠さんとの縁で企画された公演で、“純粋に音楽が主体となり楽しめる公演が出来ないか”との要望で始まった公演です。

三響會以外で三人が揃う公演は少なく、獅子虎傳はその中でも珍しくトークがあったり楽器レクチャーがあったりとお客さまに近い距離で楽しめる公演です。トークは進行台本が無く、本番前に軽い打ち合わせしかないのでいつもスリルある内容です。まぁ台本作らない私が悪いのですが…いつもの事でスタッフの方すみません。。。

獅子虎傳では毎回ゲストは我々と同世代の方を呼んでいて、今回は尾上青楓さん・茂山逸平さん・中村梅枝さん・英哲風雲の会のメンバーたちと楽しく一日を盛り上げました。

青楓さんや逸平さんとは10年以上の仲なので舞台の上でのトークは敬語に抵抗があり(笑)、梅枝さんは我が家とは役者としても、またお稽古に来られている縁もあり、この様な共演は嬉しく思います。いま20歳という若さで「松の翁」という大曲に挑戦していただいたが舞を見ていて踊りに対しての丁寧さや品格が出てきたと思いました。

また、この公演で楽しみにしていたのは英哲風雲の会のメンバーが参加してくれたことです。兄たちのブログにも書いてありますが、林英哲さんのもとで修行され国内や海外ツアーにも出たりと大太鼓奏者として第一線で活躍されているグループです。

以前、私と共演した縁で今回は強引に引っぱってきた感じですが、たくさんの方々に彼らの舞台を観ていただき、それに加え芸に対する直向きな姿勢や努力。ご覧いただければ伝わる情熱。私もただ感心して頭が下がります…。これからも英哲風雲の会とは色々な場所を設け競演していきたいと思っています。

3月は歌舞伎座と演舞場公演に参加して、その他にも芝雀さんの会や片岡千之助君のイベント公演、勘十郎さんの会の稽古に5月の三響會の打ち合わせや秋の企画公演などの打ち合わせで予定がパンクしていたので、4月の金毘羅歌舞伎での温泉が楽しみです!!!!


2008年05月12日

四月の舞台より(傳次郎日記)

四月は四国・こんぴら歌舞伎に参加。
我々が行った時は桜が満開で、三月のバタバタスケジュールを忘れさせてくれるような景色でした。
今回の座頭は海老蔵さんで今年二回目の担当。
この金丸座でもさすが“市川海老蔵”といった迫力の舞台。特に「暫」は圧巻!狭い芝居小屋であの衣裳とあの美術!若さの勢いだけではなく野性味溢れる感性やあの豪快な動きや形は“華”という言葉がぴったりな役者。
また夜の部の「夏祭」も勘三郎さんの指導のもとよく研究され初役とは思えない程、自身の「夏祭」になったと思いました。

常に刺激を求めている男がいると、こちらも触発されて仕事が本当に面白くなります。
これは我々の世界では最も大切な事だと改めて実感しました。。。

また今回の公演で「供奴」の尾上右近クンが素晴らしかったです。まだ15歳という年齢!
芸に年齢は関係ありませんが、一生懸命な15歳の青年に心を動かされました!
芸は“うまい”とか“へた”ではなく、いかに“実直”に“一心”にやるかだ、と自分が本腰を入れて修行していた10代の頃、師匠・佐太郎に言われた言葉を思い出しました。

こんぴらでは芝居が18時に終わるので、宿でご飯を食べ温泉に入り運動したりと健康的な生活(笑)
たまに海老蔵さん松也クン右近クンとお酒を飲み(右近クンはウーロン茶)、夜遅くまで芸談したり、将来の話をしたり、みんなで露天風呂に入ったり…と、とても思い出に残る一ヶ月でした。
ちなみにこんぴらさんの石段は7回上がりました!

2008年05月13日

記者懇談会を終えて・・・(傳次郎日記)

4月28日に記者懇談会を終えて、いよいよ三響會の最終準備。。。

十年続けていても、当たり前ですがやはり毎回苦労します(泣)

特に京都はまだ二回目なので、自分のこだわりだけが暴走してしまわないように美術や照明などスタッフとのコミュニケーションを大切にしなければなりません。三響會は「音」「演者」「舞台」の三つが合わないと成功には繋がりません。この何年はずっと演出や美術を任されているので責任重大!お客さまには耳と目で楽しんで頂きたいので今回も頑張ります!

記者懇談会で記者の方から三響會の今までの10年と今後の10年は?という質問がありました。私は今までは「挑戦」してきた10年、そして今後は「勝負」の10年ですと答えました。

今までの10年は我々の師匠や先輩方の後ろ姿を追ってきた10年。両親から学んだ“守る難しさ”、幼い頃より先代の観世銕之亟先生のもとで学んだ“革命的な思想”、歌舞伎では玉三郎さんに学んだ“美へのこだわり”、猿之助さんに学んだ“中身のあるエンターテイメント”が今の三響會に活かされるように意識してきました。この先輩方には本当に夢をみさせていただき、少しでも近づけるように…と今でも思っております。

これからの10年もそれを活かし、また自分のハードル上げていろいろな「勝負」ができれば素晴らしい10年になると信じています。今年は夏にも秋にも企画を考えているので、まだ発表はできませんが皆様よろしくお願いします。

まずは南座・三響會が無事に盛会になるよう努力です!!!

2008年05月30日

南座・三響會無事終わりました!(傳次郎日記)

皆々様のおかげをもちまして南座・三響會が無事に終わりました。
平日にもかかわらずたくさんのお客様にご来場いただきホントに感謝です!
今回は27・28日の2日間、昼夜4回公演といつもの東京公演より多く、
4300人という壁に不安はありましたが、当日に支配人から動員数を聞いてビックリ!
この何ヶ月の努力が報われた瞬間でした!!!まさにお客様は神様です(笑)

また今回は豪華・豪華のゲスト揃い!観世宗家、銕之丞先生、千之丞先生にご出演・ご協力を願えたことは三響會にとりましてこの上ない喜びです。観世宗家と銕之丞先生は幼少時代から大変可愛がっていただきました。千之丞先生は狂言だけでなく“演劇人”として最高峰のお方です。そのような方々に我々のような“生意気な若造”の会にご出演いただけたのは本当に「夢」のような二日間でした(涙)!五人三番三の千之丞先生、最高でした!「レディース・アンド・ジェントルマン!」私の“おふざけ”で入れたセリフにお付き合いいただきありがとうございました。。。

また歌舞伎界から二年連続で孝太郎さんにご出演いただきました。
染五郎さんには前日まで演舞場に出演されていたので27日の朝に京都に着き、安達原と船弁慶の舞台稽古をして本番2回公演と超~ハードスケジュールにもご協力いただきました。
亀治郎さんも私の“わがまま演出”にご協力いただき安達原の最後の飛び込みも「義経千本桜」の知盛のように背中から落ちていただきました。この演出も27日の舞台稽古で決まり
「亀治郎さん!背中からいこう!」と言ったら「本当に!?無理!無理!」と返され…「怪我しても保証しないけど絶対背中から!絶対効果的だし!」と強引におしたら「わかったよ…ただ気が変わったらゴメンね!」と。この瞬間“この男は必ずやる!”と確信しました!なぜなら「市川亀治郎」だからです(笑)!本番で飛び込みの瞬間お客様からの驚きの喚声があがり、太鼓を打ちながら心の中ではガッツポーズしていました!背中落ちは前回の安達原でもやる予定だったのですが、セリの都合で断念した演出だったので今回夢が叶いました!

勘十郎さんは去年の10月の東京公演に続き「月見座頭」をお願いしました。「月見座頭」は私のお気に入りの苫舟(勘十郎)作品です。苫舟作品はこれからも三響會で上演できる機会を増やしたいと思っております。
三響會がこうして続けられるのも出演者・スタッフに恵まれ、お客様にも恵まれていることだと思います。みなさんに感謝!

次回の三響會がまだ発表できていませんが…次も必死に頑張りますので、みなさま応援の程よろしくお願いいたします。

2008年06月11日

6月6日「たまにはプライベートも・・・」(傳次郎日記)

夜八時ぐらいに歌舞伎座を出て、西麻布・星条旗通りにある「ビー玉」という
40年続く個性的な方々が集まるお店で友人と待ち合わせをして食事を済ませる。
「ビー玉」というお店は、石原裕次郎さんや萬屋錦之助さんなどが本当の“お忍び”で
足を運ばれていたみたいで、6年ぐらい前に同級生のお父さんから紹介していただいたお店です。
西麻布とは思えないほどの渋~いお店です。
11時ぐらいにお店を出て次に向かったのは六本木にある「ル・プー」というバーです。

「ル・プー」は広忠さんのブログでも度々出てくるお店ですが、
本店は京都・祇園にあり我々兄弟が京都では必ず行くバーです。
ちょうどこの日が六本木「ル・プー」の1周年でお祝いに顔を出したのですが、偶然ひとりで来ていた広忠さんと会い、ここのオーナーの武田誠さんも京都からきていたのでみんなでシャンパンを飲みました。武田さんはかなりのイケ面(お世辞!)なのでみなさん是非チェックしに行ってみてください。「三響會ブログ見ました!」で武田さんがドンペリぐらいご馳走してくれるかもしれません!(冗談です!)
プライベートではこのような冗談を交えたり、芸談したり、今後の企画や展開を話したり…ワイワイみんなで語りあっている内に段々あつくなって企画が決まる事も!(笑)仲間って本当に面白いです!
今月は歌舞伎の他に録音(野田さんのお芝居)や囃子の会や秋の企画の打ち合わせが多いので、みんなで語りあって実現できるように頑張りたいと思います。

2008年07月28日

いよいよ今週…(傳次郎日記)

我が家の夢であり挑戦でもある大イベントがいよいよ今週に迫りました。
まさか歌舞伎座で…まさかこのメンバーで…
いろんな偶然が必然のような流れで決まり、今回の「囃子の会」の形になりました。
企画段階から両親と話し合い“今の忠雄&佐太郎”を中心に考え、出演をお願いする方、我々兄弟とも「どう絡めるか」を慎重に選びました。家族で同じ道を歩んでいるのに意外と“初共演”ばかり。実は「佐太郎と広忠」「忠雄の大鼓と広忠の大鼓」「佐太郎の太鼓と私の太鼓」「家族全員での演奏」、これらすべて初めてのことなんです。
最初の「三番叟」は“佐太郎還暦祝い”として我々兄弟で囲み、亀井家四男のような勘十郎さんに舞っていただく(笑)
最後の「獅子」はあえて“番外”として扱い、身内と身内のように応援してくださる皆様に向けて思い出に残るような演奏にしたいと思っております。
先日、両親の記者懇談会も隅のほうで見ていて思った事は“年齢”です。この家に生まれ両親・兄弟とともに歩み、2歳から稽古を始め、10代は必死に修行し両親の背中を追い続け、20代は三響會を主宰し歌舞伎でもお役を頂戴し両親の芸を盗むのに必死で、いま30になりやっと修行時代に両親から教わった事が理解してきたかな…やっといまからスタートかな…と思っていました。しかし記者懇談会で父が「親バカではありませんが息子たちもやっと育ち、私の年齢になるときはきっと私の芸位は超えるでしょう…前回、傳左衛門と傳次郎と獅子を演奏したとき本当に(演奏を)やってよかったと思ったよ…」と記者さんたちに話している姿を見たとき寂しさと悲しさで涙が出そうになりました。“父は偉大”と母親から家訓として教育を受け、稽古も舞台も厳しく・激しく、我々に「舞台人の生き様」を見せてくれた「亀井忠雄」が自分の舞台人生に覚悟を決めたような言葉でした。常に“いつ死んでも納得する舞台を勤める”と言う父親が今回の「囃子の会」で我々に“魅せるぞ”というメッセージだと感じました。
今回の「囃子の会」にご来場くださるお客さま。家族の一員になった気分でお楽しみ下さい!

2008年08月25日

「囃子の会」!!!(傳次郎日記)

ブログが遅くなってすみません・・・

「囃子の会」は本当に一家命懸けの舞台!
私は朝10時入りで舞台と明りの合わせをし、14時~舞台稽古、16時~本番!
「三番叟」の幕が開いた瞬間からエンジン全開!母親と兄二人の“やってやる”という気迫が伝わり、耳からこぼれそうなほど脳からアドレナリンが出ていました(笑)

「三番叟」と「鶴亀」が終わり楽屋に帰ると“もう1人の男”が「阿修羅」のような顔をして楽屋で待機していました。次に「小袖曽我」を打つ“亀井忠雄”です。楽屋からすでに“やってやる”という感情と、なにかガキ大将が運動会で「騎馬戦」「棒倒し」ではりきっているような“やんちゃ”な表情で舞台に行きました!このオジサンさすがです!

「静と知盛」「羅生門」では舞台の脇から能楽師の方々が富十郎丈と吉右衛門丈の舞を見つめ、「楊貴妃」では観世宗家の舞を玉三郎丈が見つめるという表も裏も豪華な顔ぶれでした。

「老松」では佐太郎と佐太郎一門が打ち、玉三郎丈に踊っていただき、私は佐太郎の脇太鼓を打ちました。NHKの「鼓の家」でも言いましたが、母親の背中を父親の背中として育ち、太鼓の撥さばき・掛け声も全て自分のものにしようと真似をしてきました。そして14歳から玉三郎丈の歌舞伎から見習いとして修行させていただき、現在まで傳左衛門も私も育てていただきました。舞台でその“師”二人の背中を見ているうちに今までの幼少時代や修行時代のことが頭の中を駆け巡り、自然と涙が溢れてきました。自分も初めての経験で驚きましたが、亀井忠雄・田中佐太郎・八世観世銕之丞・坂東玉三郎という四人の“父”に育てられたのがあの舞台全てだと思いました。

最後の「獅子」は“感謝”という気持ちで親兄弟と戦いました。もちろんお客さまにも“感謝”です。あの「獅子」での歌舞伎座の空間・空気は一生忘れません!舞台と客席が囃子を通じて一つになれたと思います。「露の拍子」で無音になる時も、物音や咳など全く聞こえることなく素晴らしい空気だったと感動しました。

次の「囃子の会」は未定ですが、両親の年齢のことを考え毎年やりたいのですが…なかなか頑固な二人なので説得する作業からはいります(笑)

いつになるかわかりませんが皆さま次回もよろしくお願いいたします。

2008年08月26日

とにかく・・・(傳次郎日記)

オリンピックも終わり夏も終わりが近づき・・・
私の忙しい夏も昨日(24日)の「亀治郎の会」で終わりました!(歌舞伎座はありますが)

とにかく今年の夏は忙しかったです!
8月1日は「囃子の会」の稽古と夕方からダイナースカードの演奏会
2日は「囃子の会」
3日は11時~歌舞伎座の稽古、12時~三響會倶楽部のパーティー、16時~一門の方の結婚式
4日~15日「音の会」と伝統歌舞伎保存会が主催する小学生・歌舞伎体験教室の手伝い…
16日~18日秋のイベントの会議(まもなく発表します…)
19日~「亀治郎の会」の稽古
23・24日「亀治郎の会」

毎日歌舞伎座の一部の「三人連獅子」二部の「大江山」三部の「紅葉狩」をしながらの
掛け持ちだったのでハードでした(汗)
さすがに兄たちからも「死ぬなよ…」と一言!
“思い出の夏”となりました。。。

2008年09月04日

「亀治郎の会」…(傳次郎日記)

さすが亀ちゃん!正直な感想です!
演目は「俊寛」「京鹿ノ子娘道成寺」でしたが、全く正反対な扮装と体使い…いま出来るのは正に亀治郎さんしかいないと思いました。。
そして[普通]で終わらないのが亀治郎!色んな資料を研究されて演じられました。「道成寺」も中村歌右衛門さんが映画を撮られた時の演出や、中村雀右衛門さんの型など諸先輩の演出された事を復活させ、そして現代のお客様に[見せて][魅せて]“新しい”という感覚まで運ぶ!我々三響會でもそうですが、“古典”にこだわり“古典”が“新しい”という感覚をお客様と共有することによって初めて生まれるものがあると思います。亀治郎さんのこの“感覚”大好きです!
そして裏の手伝いの皆さん。お弟子さんをはじめマネージャーの鹿渡さん、番頭の斎藤さんの素晴らしいサポート力!全てが「市川亀治郎」に活かされてると思いました!この会に毎回参加させていただいてますが、自分もファミリーの一人のような気分になってしまうのです(笑)
会の2日間は大変でしたが(道成寺が終わって20分後に歌舞伎座の大江山)色んな勉強ができたことに感謝!

2008年09月24日

すごいなぁ「嵐」…(傳次郎日記)

先日(9月5・6日)国立競技場にてジャニーズ事務所のアイドルグループ「嵐」の単独ライブが行われました。身内ごとですが私の嫁が結成時代からの熱狂的ファンということもあり、私も洗脳のごとく彼らの曲を聴かされ(汗)かなり詳しくなりました(笑)日本人では3組目となる国立競技場のコンサート!すごいです…。この2日間での動員が14万人という古典芸能界ではありえない数字!我々の10年間の活動でもとうてい及ばない人数です。。。
しかも彼らはここからアジアツアー!台湾・ソウル・上海とライブを行うみたいです。

私も去年の東京ドーム・コンサートに強制連行されましたが、圧倒されるステージとパフォーマンス、お客さんとの一体感、全てが勉強になりました。我々とはもちろん表現は違いますが、彼らの一生懸命さや情熱は確かでした!嵐も結成時代から6年ぐらいは苦労したみたいです…私も昔は全く興味がありませんでしたが、やはり生のライブを観てしまうと同じ舞台人として良い意味で嫉妬しますし、励みにもなります。ステージからお客さまに投げる心は一緒だと思います。

我々もここを目指すわけでは当然ないですが気持ちと目標は高く、そして多くのお客さまへの心は大切にしようと思います!

2008年09月26日

源氏幻想!(傳次郎日記)

秋の企画第一弾!やっと発表することができました。

今回は源氏千年紀委員会よりの依頼で製作することになりました…
目玉は
愛華みれさんの復活!
市川段治郎さんの光源氏初役!
月影瞳さん、男役への挑戦!
だと思います。
また林英哲さんが参加してくださることによっての幅の広がり。
今までの企画とは全く違う新しい挑戦だと思っております。

関西圏だけではなく西日本、全国から是非11月3~5日神戸にお集まり下さります様お願い申し上げます。。。

また演出プランやみどころ・構成などまたブログで報告します!

2008年10月09日

「珠響~たまゆら~」結成!(傳次郎日記)

ようやく秋の企画「第二弾」が発表できました。プレミアムコンサート「珠響~たまゆら~」です。

30代になり、一人の音楽家として今、何ができるか、これから何をすべきかを考えていた時、同じく30代のそれぞれ異なるジャンルで活躍している音楽家達と出会いました。
彼らと共に演奏を競い合い、高め合う。そんな舞台への挑戦ができないものかと考えて、このコンサートを企画しました。

「珠響」とは、宝である「珠」が触れあう、わずかな時間のこと。
我々音楽家、そしてお客様の魂に、音楽の力が響き合う、そんなひとときをお送りしたいと考えています。 ご期待下さい!

2008年11月17日

珠響 (傳次郎日記)

いよいよ明日、18日に『珠響~たまゆら~』が始まります。

なぜ、“始まる”なのか。実はこのコンサートは、自分にとって三響會と並ぶもの。10年20年と続けていこうと思っている舞台だからです。

今回の出演者は全員30代!稲本さんと村治さんとはプライベートでも仲良くさせていただいていますし、道山さんと風雲の会(実際は英哲さん)とは兄を通じて三響會や他の舞台でもご一緒させていただく仲です。
きっかけは稲本さんと村治さんと何か一緒にできないか、と盛り上がったこと。折角だから、自分たちの舞台を創ろう!というところからスタートしました。
20代で自分を磨いてきた方ばかりなので、「30代、自身の勝負の場」としてこの企画に全員快諾してくれました!今回セッションは無く、それぞれ自分の曲を持ち寄り演奏します。演奏家が100%の力を出すべく、それぞれの演奏を聴かせ高め合う…まさに“競演”です。

例えば、稲本さんの気合いの入り方は凄いもので、100年前のSTEINWAYを購入し今回の増上寺で披露するそうです。そういえば、我々の鼓も250年~350年前の物ですし、増上寺はそれ自体が歴史的建造物!音楽家のセッションは無くても、空間は現代と歴史のセッションになります!


三響會のコンセプトは能・歌舞伎・狂言を“囃子を通じての融合”です。この10年、「自分たちの20代という時期にどこまで挑戦できるか!?」を考えてきました。古典にこだわること、各ジャンルを尊重すること。そういった思いを、たくさんの出演者・スタッフに支えていただき、今日まで来たのではないか、と思っています。(いま劇場スケジュールや出演者スケジュールがあわないので、三響會の東京公演が中々組めない状態が続いていますが…新作の企画はありますので楽しみにしていて下さい!)

対して、これから“始まる”珠響への演奏家としてのコンセプトは“囃子へのこだわり”です。
先日、「演劇界」という雑誌で高橋睦郎先生から能楽、歌舞伎における「囃子の重要性」について、大変ありがたいお言葉を頂戴しました。
8月の「囃子の会」での両親の演奏の凄さ!最後に家族で演奏できた「獅子」!この思いを珠響という舞台にぶつけ、若き演奏家たちとともに勝負したいと思っております。

2008年12月05日

珠響 IN増上寺(傳次郎日記)

三響會の“弟版”のような企画、珠響~たまゆら~を増上寺で出来た!
珠響の結成は何か特別な場所を!と思い続け、

東京の特別な場所…増上寺

私は増上寺で企画をするのが長年の夢でもあった!増上寺さんの貸出は難しく最初は断られたのですが、ここは三顧の礼!我々の熱意をご理解いただきあの素晴らしい舞台をお借りすることができました。
今回増上寺さんには大変お世話になり、私のわがままな演出で「開場時に読経」「カーテンコールに散華」6名ほどお願いしたいという要望にもご協力いただき、しかも当日行ったらビックリ!6名ではなく10名の僧に出演していただいた。増上寺さんの懐の広さに感動しました。
また本番も出演者全員最高の演奏!最高の空間!稲本響の第六感を刺激するピアノの演奏に本番まで走り回った苦労など全て吹き飛びました!増上寺で仕込むのはスタッフさんにとって本当に大変なことなのですが、今回の反省も踏まえまたこの場所で挑戦したいと思いました。
さあ次はサントリーホール!演奏家にとって最大のステージ!演出プランも決まっていますので皆さま是非ともよろしくお願いいたします(拝)

2008年12月10日

ちなみに…(傳次郎日記)

サントリーホールでの我々の曲目は「三番叟」です。シテはもちろん萬斎さん。
第一回三響會の演目がこの「三番叟」でした。私たち兄弟で“三番叟”をさせていただくのは五回目です。もっと演奏しているイメージですが狂言の三番叟をさせていただくのは第一回の平成九年以来となります。
十年過ぎ、“今の萬斎(さん)”“今の三兄弟”がどういうぶつかり方をするか、
いまからワクワクします!!!
サントリーホールに舞台を作り、萬斎さんの足を踏む音と声、我々の鼓の音と声、幸弘さんの笛がどう響くか本当に楽しみです。

2009年01月14日

お正月(傳次郎日記)

昨年も同じブログを書きましたが、全く同じ正月を過ごしました。
ただ2日は舞伎座の合同顔寄せがありましたので、午前10時に演舞場の稽古に行き、
歌舞伎座の「老松」の出囃子に出演し、そのあと演舞場→浅草→演舞場の稽古に行きました。

今月は浅草の「一條大蔵譚」→歌舞伎座「鷺娘」→演舞場「七つ面」→歌舞伎座「鏡獅子」
→演舞場「白浪五人男」に参加しております。三座五演目は最近なかったので気合で乗り越えようと思っております…けど玉三郎さん・勘三郎さん・海老蔵さん・亀治郎さんとお正月から一緒の舞台にたて、囃子方にとってはなにより幸せなことだと思います!

2009年02月19日

珠響~たまゆら~無事終了!(傳次郎日記)

昨年11月の増上寺に続き、2月15日に赤坂・サントリーホールで「珠響」を主催させていただきました。
企画から制作…この3か月いや構想から1年!本当に駈けまわりました(涙)
やっと実現したこの舞台に朝から興奮し10時前には楽屋入りし、8時から仕込みをしてくれている舞台スタッフ・制作スタッフ・風雲の会のメンバーと挨拶をし、舞台・楽屋・客席・ロビーを歩き、今日のボルテージを高めていきました。スタッフさんは2回公演とあってタイムスケジュールにピリピリで、出演者は逆に今日のステージを同世代のみんなで楽しみたい!という雰囲気でした(笑)リハーサルもみんな客席でお互いの世界を見たり聞いたり話したり良い交流を深めていました。

2009年02月20日

いよいよ本番!(傳次郎日記)

今回はテーマを「神々」と定めました。音楽とは元々神へ奉げるものであり、音楽の原点であるという解釈からこのテーマになりました。トップバッターは市川慎さんと武田双雲さん!さすが双雲さんはご自身の世界観をはっきり持っていて、市川さんの奏でる箏を受け、“私のわがまま演出”にも一発で応えていただきました。
続いて我々の「三番叟」。今回は囃子方が四本柱となり独特の空間にさせていただきました。
やはり音楽ホールだと和楽器の鋭い音が少し変わってしまう印象も受けました。これはこれで環境の変化も楽しみつつ、いつもとは違う世界がうまれたかなぁ…と!あとは私と幸弘さんの顔は客席から見えなかったと思います…。
次は道山さん!やはり尺八界の天才はすごかった!我々の三番叟の空気を一気に変えるあの透明感のある尺八には脱帽です。市川さんとの演奏も素晴らしかったです。道山さんのすごさは古典の技術も素晴らしいことだと思います。ご自身の活動もはっきりと分けてあるのが尊敬します。
さぁ英哲風雲の会の演奏!今回は大太鼓を5台持ってきていただき「七星」を演奏していただきました。サントリーホールで5台の大太鼓は英哲さんのコンサートでも無かったみたいです。センターには4尺もある太鼓を運び入れたので、前列のお客さまは大変な音圧を受けたと思います(笑)彼らは師・林英哲の教えのもと、厳しい修行・道徳・稽古を受け、昨今の和太鼓ブームとは全く違う“美しさ”を持っているように思います。いつも彼らの直向きな生き方にいつも感動させられています!
後半は次のブログで。

2009年04月06日

失礼しました…(傳次郎日記)

珠響の後半書きます(汗)…
後半のスタートをきったのは稲本響!
彼のピアノの凄さは前回の増上寺でも発揮されましたが、今回はどういう組みかたを
持って来るか非常に楽しみにしていました。
前回と同様にヒューマンビートBOXのMaLさん、そしてチェロの江口心一さん。
前回昨年11月、今回は2月と短期に2回も公演を組んでしまったので、出演者は曲や演出もすごく気をつかわせてしまったかと思いましたが…
しかし百戦錬磨の出演者には関係ありませんでした!やはりコンサートはいつも新鮮!
あの三人の空間は素晴らしかったです。
*「桜の眠り」は個人的に大好きな曲です。
続いて村治佳織さんの演奏!
村治さんも昨年11月が珠響・増上寺、12月が個人でサントリーホールでのコンサートと続いてしまったので今回の選曲に悩んでいましたが、今回のテーマである「神々」を聞いて合唱とのセッションと決めていました。稲本さんは演奏家でもあり作曲家。個人の曲を持って来ると思い、村治さんは逆にクラシックナンバーを揃えて来た。
最後は稲本&村治のセッションで「珠響」を演奏しました。この曲は今回の為に稲本さんが作曲したものでした。2人のセッションは初めてだったそうですが、一流は関係ありませんね!さすがでした!素晴らし音色に舞台袖にいた私まで2人の世界に引き込まれていきました!
今回の珠響も大勢のお客様にお越しいただき大変感謝しております。
最初は何気ない三人(私&稲本&村治)の会話から始まり、そして現実へ…
あのような大きい劇場で公演させていただき、スタッフにも恵まれ…思い起こせば涙です。
ここで足を止めず、藤原道山さんの「還暦になっても最先端でありたい」という言葉の通り、
我々はまだまだ挑戦します!

発表!(傳次郎日記)

2009年8月3日・4日
三響會・南座公演決まりました。
今回は

【特別出演】
中村富十郎・観世清和

【出演】
(能  楽)片山清司・観世喜正
(狂  言)野村萬斎・茂山逸平
(歌舞伎)片岡孝太郎・市川染五郎
(舞  踊)若柳吉蔵・尾上青楓

演目も決まってきましたが発表は今月末に…
是非ともよろしくお願いいたします!!!

2009年07月08日

四月以来・・・(傳次郎日記)

私も広忠さんもブログが続かない…大変申し訳ございません!
四月は名古屋で海老蔵さんの「鳴神不動北山櫻」に参加し、
中旬からは野村萬斎さんの「六道輪廻」という新作舞台、
五月は名古屋中日劇場の市川右近・段治郎さんの「東海道中膝栗毛」の作調、
中旬から演舞場に参加。
六月は国立劇場の市川右近さんの「華果西遊記」の作調に、
松竹座の「市川海老蔵特別舞踊公演」に参加…
と、伝統芸能の若手の最先端の舞台に参加できました!
「鳴神不動~」の作調も初演の時に物凄く力を入れた作品だと、再演の名古屋の稽古で改めて気がついた!
「六道輪廻」は萬斎さんの演出の凄さ、頭脳に感動!また萬斎さんの忙しさにもビックリ!
自分の忙しさはまだまだだと認識…万作先生と麻実れいさんの演技は素晴らしかった!
「東海道中~」「西遊記」は猿之助さんの演出。特に「西遊記」は思い出深い作品。
海老蔵さんの特別公演は毎日お客様大興奮!!現代の海老様の「保名」は本当に美しく、また「雷船頭」の粋な姿、「七つ面」の立廻りの勇姿!御馳走の「口上」の睨み!
やはりこの人の華は凄い!
4月から6月は自分の強化合宿のようだった!身体に頭脳に…充実した時間!
色々な座で色々な役者さんたち!私たちの仕事はこれだから面白い!

2009年07月10日

作調(傳次郎日記)

たびたびブログで「作調」という言葉がでますが、「作調」とは新しい芝居や舞踊の曲、
または復活狂言などに我々の音楽(囃子)を作ることです。
最近は毎月のように傳左衛門さんと私の作調仕事があります。
今年に入っても10作品ぐらい作りました!
作調は芝居の物語・背景・時代・心理…起承転結に合わせて作ります。また舞踊の場合は
これに唄と三味線と囃子のバランスも考えます。囃子が入り過ぎてもうるさいし、少ないとさびしいし…とバランスを考えるのは難しいのです。
作調の仕事では、芝居は猿之助さんの作品、舞踊は勘十郎さんの作品が全体の7割は占めていると思います!お二人の作品で100は超えていると思います!猿之助さんとは軽井沢の別荘での稽古や勘十郎さんとは深夜まで打ち合わせなど、作品の度に色々な思い出も出来るのです!
作調は自分の考えと役者さんの好みを合わせて、鋭く作品にのせないと伝わらないのです。
稽古中は冷静とイライラが脳の中で大ゲンカ!終わるとグッタリ…千秋楽は感動!と大忙し!だから楽しい!

2009年07月21日

9月(傳次郎日記)

9月11日(金)に
十一世田中傳左衛門十三回忌追善「三響會~増上寺公演~」が決定いたしました。
今回のゲストは尾上菊之助さん・藤間勘十郎さん・観世喜正さん。
菊之助さんは2004年の第4回演舞場公演以来のご出演!
特別ゲストに梅若玄祥先生と、三響會初登場の田中佐太郎先生です(笑)
去年「囃子の会」を歌舞伎座でさせていただいたので、
今回の追善の会は孫である私たち兄弟がさせていただく運びとなりました!
増上寺さんは去年の「珠響」でお世話になり今回もご縁が繋がり、舞台を拝借させていただきます…
今回は客席数が400席なのでチケット入手でお客様にご迷惑おかけする不安もありますが…東西(東京と京都)で祖父の追善が三響會で企画できたことは幸せです。

s-090281%E4%B8%89%E9%9F%BF%E4%BC%9A%E5%A2%97%E4%B8%8A%E5%AF%BA%E3%82%AA%E3%83%A2%E3%83%86%E9%9D%A2.jpg

2009年07月28日

サプライズ!(傳次郎日記)

南座公演まで1週間をきりました。「もう夏!今年も早いなぁ!」と毎年言っているような…
三響會恒例の直前ゲストを発表します!
今年は…亀井忠雄!こちらも三響會初登場!
3日夜の部と4日夜の部の「安宅」に出演です。
今年の三響會、場所は違いますが両親がゲスト出演していただきます!
去年の「囃子の会」で改めて考えさせられ、両親の舞台を1つでも多く触れたい、観たい、残したい!様々な想いが頭の中を暴走しております…。

2009年08月13日

南座公演を終えて(傳次郎日記)

今年の南座公演はこれからの自分を考えさせてくれる公演でした。
出演者・演目・人との繋がり・また祖父の追善…いろいろ自分の中で勉強になりました。
やはり「安宅」の父と観世宗家の姿と「滝流し」の富十郎丈の存在感!圧倒的な「芸格」に完敗し、「二人三番叟」の萬斎氏・染五郎氏の“華”に魅了され(半分悔しさ!)、「江口」二題の清司氏・喜正氏・孝太郎氏・吉蔵氏・青楓氏の品の良さ!同じ舞台5演目でそれぞれのカラーが勉強になりました!
身内を褒めるわけではないのですが、やはり父の気迫の芸!お客さまへの「子供には負けない!」というメッセージと「子供たち見とけ!」というメッセージがあったと思います。
舞台脇でずっと見ていましたが、やはり大きな存在・大きな壁だと思います。また「初心」を思い出させてくれます。亀井忠雄は本当にストイックな人間です。今でも2キロの重りを着けての散歩、筋トレ、謡の復習、食への気遣い…毎日の日課です。舞台はもちろん私生活まで真似をしなければならない存在です。三響會は初出演でしたが、我々兄弟にとっては最高なゲストでした!

2009年09月19日

増上寺を終えて(傳次郎日記)

東西の追善会を終えてホッとしています!!
今回は両親や重鎮の方をお招きしての、若手だけではない締まった会になったことを大変嬉しく思いました。増上寺公演もおかげさまで当日券も完売になるなど大変盛上りました!
やはりあのライトアップした増上寺の雰囲気は最高の場だと思います!今回もスタッフにはとても大変だったと思います…ただ場所が場所だけに観にくい席や、1日だけのパフォーマンス、一回に400席しか作れないなどお客様への負担になったことが反省点です…前回の珠響の時みたいに読経も演目に入れればよかったかな…色々頭のなかに出てきます。
第一回からご出演いただいている観世喜正さん、1日公演にも関わらず素敵な振付をいつも考えてくれる藤間勘十郎さん、ご多忙のなか出演していただいた菊之助さんに感謝です!
菊之助さんとは今ではご一緒する機会が減っていますが五代目菊五郎と十代目傳左衛門の師弟関係など田中流にとりましては恩ある音羽屋さんとの関係は今回の追善を通し先祖の供養にもなったかと思います!
来年も!…と思いますが来年の8月に珠響が決定しましたので今から集中して頑張りたいと思います!

2009年09月20日

イタリア初日!(傳次郎日記)

17日よりイタリア・ミラノ市より三響會が招聘され、演出・芸術監督という立場で能・狂言公演に参加しております。
イタリアは十数年前に富十郎丈・吉右衛門丈との公演に一ヶ月参加させていただいたぶり、思い出たくさんの国です!
昨日(19日)無事初日が終わりました!…が着いた日は夜中で翌日は9時から劇場下見・打合せ・仕込み・照明合わせなどフラフラになるほどのスケジュールでした。
今回は舞囃子「能楽五変化」、狂言「柿山伏」、そして半能「野宮」を蝋燭能でと二時間弱の公演ですが、おかげさまでチケットも完売でカーテンコールもあるなどイタリアのお客様にも大変喜んでいただきました。
照明の工夫や蝋燭やお香を使っての雰囲気作りなど日本での経験を活かしております。
行きにトランジットでオランダ空港経由だったのですが三響會のお客様に偶然お会いし声をかけていただいたり、現地の日本人の方に「三響會がイタリアに来るの楽しみにしてました!」など大変嬉しく思いました!いままでロンドン・パリ・ニューヨーク・ドバイ・オランダはサクラダファミリアで!と沢山のオファーはいただいていたのですが都合がつかなくていつも断念ばかりしていました…今回は本当に来れて良かったと思います!

s-2009091809170000.jpg


s-2009091820440000.jpg

2009年09月23日

ミラノ公演(傳次郎日記)

二日間の公演も無事に終わりました。
前日の評判のクチコミで当日は50人以上の方がチケットを求めて窓口を囲んでいました。おかげさまで二日目も完売!
特に嬉しかったのはお客様の九割以上がイタリアの方でした。歌舞伎公演だとスポンサーの都合で日本人のお客様が多いのですが今回はミラノ市とトリノ市が主催なので地元の方ばかりでした!
ミラノ公演は平均30歳という若さのカンパニーでした。武田友志・文志兄弟と武田宗典さんにご協力いただき本当に感謝です!海外は団結力が必要です。彼らとは幼なじみ!演出面でも他の出演者への気遣いなど助けてもらいました!
次はトリノへ移動です…亀井忠雄が合流します!!

s-23-1.jpg

s-23-2.jpg

2009年09月24日

トリノ(傳次郎日記)

軽いハプニングで、トリノの劇場で蝋燭の許可がおりなく、蝋燭能を断念することになりました。。。しかしここでめげないのが自分流!!空間の広い劇場なので“静”の能楽ではポツンとしてしまうので考えました!すぐにスタッフ2人連れて大型ガーデンショップに行き150キロ分の小さめな石を買い6時間かけて円形劇場を造りました!!
石にベチャベチャな石灰が付いてたので3人で洗い天日に干して並べました。
リハーサルの時にその空間と亀井忠雄師が素晴らしくマッチしていたので、自分も現地スタッフも感動しサプライズ演目として「安宅」の一調を追加してしまいました!親父様には大変迷惑かけましたが…
仕込みとリハーサルの間に休憩を二時間とったので、トリノは生涯で中々来られない場所と思い散歩もしました!広場の凄さに感動!!

s-torino1.jpg
s-torino2.jpg

2009年09月26日

イタリア終了!(傳次郎日記)

今日で能公演とコンサート公演も終わりイタリア公演は終わりました!トリノも二日間完売!野宮という難しい曲でもさすがにヨーロッパの方々は能楽を精神面から理解してくれたみたいで、ものすごく集中して観てくれました。
夜は若手とスタッフとパブに行き能公演の打ち上げをしました!疲れがたまってたせいか直ぐにダウン…
26日の朝に成田に着き27日に梅津会28日に「伝統芸能の今」と歌舞伎座の稽古…かなり時差ボケが心配です!

s-2009092320110000.jpg

2009年10月02日

感謝!(傳次郎日記)

9月28日に紀尾井ホールにて「伝統芸能の今」と題し、亀治郎さんの後援会と三響會倶楽部の合同企画公演をさせていただきました。
近年、三響会倶楽部では年1回お客様との交流の場としてパーティーを開催しておりましたが、今年はチャリティー公演をさせていただきました。
なぜチャリティーか…と申しますと、私事ですが今年よりライオンズクラブの会長をさせていただいており、福祉や奉仕活動の勉強をさせていただいております。20代でもチャリティーの興味はあったのですが、まだ照れや周りを気にする年代だったので参加する機会を遠ざけていたような気がします。しかし勉強するうちに、日本や世界で毎日何千人もの子供が死んでいる現実!生きたくても生きられない現実!30過ぎて子供を持つ身としては何か小さな事から役にたてないか…と思い、兄や亀治郎さんに相談したところ快諾してくださり今回の企画に結びつきました。
今回は小児がんの患者さんをサポートしている「(財)がんの子供を守る会」ゴールドリボン基金へのチャリティー公演にさせていただきました。医療の進歩で「不治の病」から「治る病気」として7割~8割の方が治るそうです。ただまだ10人に2人か3人の子供が亡くなるのが現実。治っても長期治療が終わり学校への復帰や社会復帰の難しさ!また15歳までで亡くなった子供の統計ですと小児がん(白血病も)が原因で亡くなるのが2位だそうです。ちなみに1位は不慮の事故だそうです…我々も自分の幸せを求める生活だけではなく、悲しい現実にも目を向ける大切な機会となりました。
この会では5,000円の入場料のうち1,000円を寄付し、また当日は私たちが会場ロビーにてお客様より半強制的に(笑)寄付を募り、「(財)がんの子供を守る会」の皆様、我が「東京ワンハンドレッドL.C」の有志の皆様とともに盛り上げました!
おかげさまで切符は完売(二回公演とも)!当日の募金箱にはなんと…
¥362,450(これに切符代¥500,000も足されます)
皆様、ご協力本当に本当にありがとうございました!

2010年01月19日

新年(傳次郎日記)

あけましておめでとうございます!
本年もよろしくお願いいたします。。。
と、今頃かよ!と突っ込みがきそうですが、今月の殺人的なスケジュールに免じて
お許し下さい…
昨年は「珠響」サントリー公演、祖父の追善公演、イタリアでの演出など自分にとって
本当に楽しい公演ばかりで良い年でした!
今年も“飛躍”できる年にしたいです。

2010年01月20日

元旦(傳次郎日記)

今年もいつものように8時30分に実家集合!
9時に亀井家と忠雄一門佐太郎一門でお雑煮。
12時から渋谷・セルリアンタワーホテルにて演奏。
ここまではいつも通りですが今年は…
14時から演舞場にて「伊達の十役」「黒塚」の稽古23時終わり!
と相変わらず“寝正月”という言葉は無縁の生活…
1月は足を止めると病気になりそうです…

2010年01月21日

1月公演への思い(傳次郎日記)

1月は私の人生で忘れられない月になりそうです!
やはり猿之助歌舞伎の最高峰「伊達の十役」「黒塚」!
約10年前に歌舞伎座で「伊達の十役」「黒塚」を猿之助さんの舞台を担当させていただき、
まだ20歳過ぎだった私にとっては「伝説の舞台」に参加させて頂いたという想いだった!
“あの仁木の宙乗りが再び…”というお客様のような気持ちで年末の稽古に参加し、
舞台稽古では本当に鳥肌がたちました!!!というか泣きそうになりました!
宙乗りで飛んでいるのは海老蔵!客席で指導しているのが猿之助!また新たな時代を間近で見た瞬間でした!
そして「黒塚」。10代で憧れていた舞台を20歳の時にさせていただき、あれから12年過ぎ右近さんで…まだまだ私も若手ですが、10代20代で得た「芸の栄養」は本当に宝物です!
1月は浅草歌舞伎で亀治郎さん・勘太郎さんの「草摺」、演舞場で右近さんの「黒塚」、海老蔵さんの「鏡獅子」「伊達の十役」。毎日ヘトヘトですが最高に充実した月になりそうです!

2010年01月23日

浅草歌舞伎(傳次郎日記)

今年も賑やかな浅草歌舞伎!やはり10年続くこのパワーは凄いです!
なかでもこの原動力の亀治郎・中村屋兄弟は凄い!
今月は「草摺引」だけの参加ですが、亀治郎・勘太郎コンビの間の良さ!実力!
我々までそのパワーのオーラに包まれてしまいます!
浅草歌舞伎の良さはやはり舞台と客席の親近感だと思います。
今までの古典芸能はお客さまとの距離が遠く感じてしまいますが、この浅草歌舞伎は本当に出演者が工夫して、少しでも!少しでも!という気持ちが繋がった公演だと思います。
染五郎さん・亀治郎さん・海老蔵さん・中村屋兄弟、同世代から学ぶこと沢山あります!

2010年01月24日

演舞場(傳次郎日記)

1月の演舞場は熱い!そんな印象です!
「黒塚」と「伊達の十役」は右近さんらしさ!海老蔵さんらしさ!な素敵な舞台です。
どうしても“猿之助”を求めてしまう方もいらっしゃると思いますが、私は他の芝居も
同じようにその方の型や個性があっていいと思います。歌舞伎はそうやって発展してきたように「伊達の十役」ももう既に古典の域にきたと思いました!
「鏡獅子」実は海老蔵さんの「鏡獅子」はお初!モナコ公演は先にイタリア公演を受けてしまったので参加できず…でした。
“獅子物”は囃子方にとって、こだわり大事にしたい曲です。よく父が「年代ごとに分かるぞ!」と言っていた意味が少しわかるような気がしてきました。
忙しくても丁寧に・実直に舞台を努め、両親の言葉を見つけたいと思います!

2010年05月13日

歌舞伎座4月公演を終えて(傳次郎日記)

さよなら公演もいよいよラスト!
…というお祭り感覚の公演とは真逆な公演でした!
それぞれの役者さんの気持ちを舞台に真剣にぶつけ、
お客さまも毎日が千秋楽のような盛り上がり!
今までに感じたことのない舞台空間の中で毎日を過ごした感じでした!

4月も歌舞伎座→演舞場→歌舞伎座→演舞場→歌舞伎座→演舞場という月でしたが、
歌舞伎座を終えて演舞場に走るという月は三年はなくなるんだな~…
と考えてしまいました!

14歳から32歳の18年お世話になりました…
が、新しくできる歌舞伎座の方が長い付き合いになる…
新しい歌舞伎座に本当に期待したいです!

2010年06月02日

五月・日経ホール公演を終えて(傳次郎日記)

5月31日に大手町・日経ホールでの「大手町座」公演、無事に終わりました!
今回は「羅生門」「綱館」と前々から挑戦してみたかった題材を企画しました。
「羅生門」は長唄の大曲でも歌舞伎にとりあげられることがなく、また「茨木」は歌舞伎の大曲ですがめったに歌舞伎興行にとりあげられることがありません…元々「綱館」をもとに膨らませたのが「茨木」…しかも長い…ならば前半・後半として、この二題をくっつけてしまおう!という意図で兄と勘十郎さんと作りました!
やはり渡辺綱伝説で話もわかり易く、曲も派手なので舞台に立っていて楽しかったです!
また今回は“佐太郎出演”ということもあり、お客さまの反応もいつもとはまた違う感じでした(完全にもっていかれました…)!

日経が夜9時に終わり翌朝9時に成田空港へ、そしていまブログ書いてるのはロンドン!いま海老蔵さんのロンドン・ローマ公演でロンドンに来ています!ロンドンに着いてすぐ晩ご飯は海老蔵さん・勘十郎さん・傳次郎の三人でホテル近所のシーフードレストランへ!次にバーに飲みに行くが疲れたせいか居眠り…一杯飲んでその日は寝ました!
またロンドンブログ書きます!

2010年06月06日

ロンドン初日!(傳次郎日記)

無事ロンドン初日終わりました!
初日は終演後にレセプションパーティーがあり、
終わってから海老蔵さん・勘十郎さんと乾杯に出かけ深夜まで語りました…
こちらに来てから毎日毎晩一緒ですが三人で楽しく“これから”について語ってます!やはり海外に来ると考えさせられることが多くいい勉強になります!
今回は半月もロンドンで公演なので体調管理もしっかりしないとバテそうです…

2010年06月22日

ローマ初日(傳次郎日記)

ロンドンが終わり二日間ローマの休日!
バチカンに行ったり買い物したりと完全に日本人観光客状態となり、舞台稽古を二日間終えて今日6/21に初日を迎えました…が明日は千秋楽…そして帰国!
今回は不思議な旅で4年前はロンドンで海老蔵さんと、そして14年前はローマで勘十郎さんと仲良くなった思い出の地で公演があり、そして3人揃う!今回は毎日のように飲み語りあいあっという間の旅でした!
日本に帰ったら…がんばります!

2010年07月01日

伝統芸能の今(傳次郎日記)

昨年に立ち上げたチャリティー企画が今年いきなりのツアー公演!
昨年、「がんの子供を守る会」の理事長のお言葉に感銘を受け、今年も必ずやろうと決心し、その甲斐あって各方面の方々に多大なるご協力いただき、また今年も続けることができました!
この公演は私が所属しているライオンズクラブの奉仕活動として企画しました。いままで“チャリティー”というものに我々も勉強不足…この機会にいろいろ勉強し、お客様にご理解いただき、そこで集められた売り上げや募金が癌と戦う子供や家族の為に支援される!この公演を実現できたのは本当に嬉しいことです!
今日までに関東3カ所終わりましたが、亀治郎さんのトークや藤娘で盛り上がり毎回カーテンコール!また“ゴールドリボン基金”に対し、お客さまからも大変なご理解をいただき予想以上の盛り上がりです!募金も既に160万を越えています!感謝感謝です!
5日からは地方巡業!気合いを入れてがんばります!

2010年07月08日

前半を終えて…(傳次郎日記)

今回のツアーが本当に出来て本当によかった~と思いました!
関東に続き金沢・熊本・博多・静岡と…最初あった不安も一気に吹っ飛ぶお客さまの反応に感謝です!チャリティーという難しい題材に取り組み、中身も考えてのツアー初挑戦…勉強になります!子供が癌という“生死”に立ち向かい生きる…死ぬ…大人でも難しい問題を乗り越えるという“事の重さ”を改めて考えさせられました!
博多では急遽坂口貴信さんに「行こう!」と手を引かれ募金をお願いしにロビーに出ました!今回前半を終えて予想以上の募金をお預かりしました!!千秋楽の浅草までには大変な数字になりそうです!
今回、意義ある意味ある公演が出来たことは大変感謝です!後半も頑張ります!

2010年07月13日

広島公演(傳次郎日記)

地方公演の最終が広島!
広島では最前列に聴覚障害の少年が座っていました。付き添いのお母様が我々の座談会を少年に手話で伝え、そして親子で笑ってくれました!熊本の少年と同様、我々の舞台を必死に感じ取ろうという姿勢、お母様も我が子を必死に会場まで連れてきて下さった…本当に感動しました!
今回のツアーは小児癌と戦う子供たちの支援で始めた企画です。全国には生きたくても生きられない、生きることさえ困難な子供が沢山います!この小さな企画がいつか実を結んでくれることを願います!

2010年07月31日

怒濤の七月(傳次郎日記)

七月は伝統芸能の今→演舞場公演に珠響の打ち合わせ→一心会稽古→海老蔵披露宴→一心会→珠響
六月末までローマにいたのに…とついつい考えてしまいます…!
七月は感動月間でした!
伝統芸能の今では沢山の思いが募り!
ワールドカップでは日本代表も頑張った!
海老蔵披露宴ではついついこちらももらい泣き…麻央さんて本当にいい方なんです!
一心会では次世代若手役者や子供たちが大汗をかいて頑張る姿に感動し!
そして明日からは珠響!どんな刺激が待っているか本当に楽しみです!

2010年08月02日

珠響スタート(傳次郎日記)

いよいよ珠響がスタートしました!
今回のツアーは前回のサントリー公演に少し演出を加えた感じです!
出演者が全員揃ってのリハーサルが出来ず…不安を抱えたままの初日でしたが、さすが一流の音楽家とスタッフ!120点ぐらいの舞台になりました!
今回も音と光にこだわり、空間を纏めるのに大変スタッフには迷惑かけました…が初日からスタンディングで拍手をいただくなど、今までの苦労が吹っ飛ぶ盛り上がりでした!

2010年08月10日

珠響ツアーを終えて(傳次郎日記)

ただただ共演者仲間たち・スタッフに、そして亀治郎さんに感謝です!
私はこの珠響に対する思いは並々ならぬ熱意と情熱で創りあげています!
ツアーは前回の公演の反省点、またサントリーみたいな音楽ホールではなく、劇場だったので演出を加えての空間でした!逆に慣れていたので助かりました…
今度のサントリーでは全く違う順番・曲目・演出なので楽しみにしていてください!
s-IMG_6272.jpg

2010年08月19日

亀治郎の会(傳次郎日記)

亀治郎の会すごかったです!出演者・関係者の緊張感とお客様の期待感…その中を会主の亀治郎さんは楽しんでる様子!最高でした!この役者とこの二ヶ月…かなりな勉強でした!
歌舞伎界は海老蔵が太陽ならば亀治郎は月…太陽は常に輝いてないと太陽ではない!しかし月は満ち欠けを楽しみ、泣き、笑い、惑わされたり惚れたり…様々な顔をうかがわせる…亀治郎さんはそんな存在です!
プログラムもかなり面白い内容となっております!

2010年08月29日

サントリーホール・珠響(傳次郎日記)

一年半前の第一回公演が終わったと同時に今回の公演の企画は始まっていました!前回の反省点や慣れないコンサートホールの使い方、オープニングパフォーマンスからの流れ…いろんなことを一年以上考えてきたと思います!もちろんまだまだ“完璧”とは言えませんが…自分の中ではものすごく興奮し楽しめた公演だと思います!
サプライズゲストの件ではかなりブルーになりましたが仲間から励まされ、最後のサプライズ演奏の稲本・上田・傳次郎のコラボレーションに繋がりました!
今回は亀治郎さんには大変お世話になり私の“わがまま演出”にもご協力いただき…ただただ感謝です!
珠響は30年続けたい公演です!これからも無理なく仲間たちと共に歩み、お客様と同じ空間を楽しみたいと思っております!

2010年10月26日

雨の流山(傳次郎日記)

10月24日は千葉県流山市の利根運河にて薪歌舞伎がありました。ここでの演目は愛之助さん千之助さんの「連獅子」。千之助さんは“獅子物”初挑戦!半年前からのお稽古と気合い充分!
朝から雲が厚く怪しげな天候でしたが、朝8時の段階では夜20時以降が雨…正に天へ祈る思いと千之助さんの夢の連獅子を叶えさせる思いとで、出演者・スタッフ一同お天気に願いを込めていました!…が生憎の天気…開演20分前から雨が…もう中止か、というところで千之助さんが「やらせて下さい!僕はやりたいです!」と舞台裏のテントで出演者に訴え、その言葉に愛之助さんや、振付でいらした勘十郎さんも「お客様がいらっしゃる限りやろう!」とみんなに指示を出しました!
私たちはテントの中でマイクを置き演奏!外は雨!その雨にも負けない二人の踊りは一生残る光景でした!最後は拍手喝采の中で二人が仲良くお客様に応えている姿に感動!
10歳の千之助さんが大人たちの気持ちを動かし過酷な状況の中よく頑張ったと思いました!将来期待の役者さんです!
IMG_1852.jpg PA241025.jpg

2010年10月31日

今年は(傳次郎日記)

今年はなぜか“獅子物”が多い年です!
昨年末に太鼓の胴を購入したのですが、蒔絵が“唐獅子牡丹”…これがきっかけで今年は獅子の役ばかりなのか…
一月演舞場にて海老蔵さんの「鏡獅子」、三月南座にて獅童さん松也さんの「連獅子」、四月歌舞伎座にて勘三郎さん親子の「連獅子」、八月珠響にて亀治郎さんの「獅子」、九月大阪新歌舞伎座にて猿弥さん弘太郎さんの「連獅子」、九月日光東照宮にて亀治郎さん尾上右近さん、九月末に企画公演で海老蔵さん男寅さん、そして千葉流山市にて愛之助さん千之助さんの「連獅子」と…普通だと十年以上かかることを一年以内にさせて頂きました(笑)
今年は松也・男寅・千之助と初役の仔獅子たちも元気いっぱい頑張っていました!特に千之助君は五年生でも立派にお役をつとめ、早く本公演でも観たい!(…後ろでかな…)
今まで先輩方ばかりの舞台が多かったのですが、最近は同世代や後輩の舞台の方が多くなってきました。先輩方から学んだ教えや緊張感、同世代からは勢いや思い、後輩たちからは初心を学びます。舞台ってこの広い年齢層って重要ですよね…

20101029190338.jpg

2011年03月04日

南座初日を終えて(傳次郎日記)

久しぶりのブログですみません…
昨日は南座の「獨道中五十三次」の初日でした!
今年は一月に亀治郎さんの「独楽」や演舞場の「三番叟」、二月は玉三郎さんで博多座と…自分の十代の時からお世話になっている方々の舞台でした!
今年に入り富十郎丈の訃報…ショックでした…雀右衛門丈との「二人椀久」など数々抜擢していただいた恩ある方!亡くなった翌日に「三番叟」の幕があいたとき大向こうで「天王寺屋!ありがとう!」と、かかった時には涙が出そうになりました。また鷹之資さんが見事に勤めあげたのが素晴らしかった!千秋楽には「鷹之資!天晴れ!」と大向こうがかかり、それにも感動!
二月は玉三郎丈のすごさに圧倒され、今月の猿之助丈のカリスマ性に魅了され!本当に自分は恵まれた…と確信しました!
猿之助丈・玉三郎丈のイズムを本当に後世に伝えていかなければならないと思いました!

2011年03月16日

東日本大地震(傳次郎日記)

毎日ニュースからの悲しい知らせ…亡くなられた方、被災された方、家族を失った方…あまりの悲惨さ…
画面から目が離せないというよりただ呆然とするしかない状態です。
その一方東京はスーパーやガソリンスタンドで大混乱…と何ともお粗末なニュースに唖然!今は自家用車よりまずは物流業者などに優先してもらいたいです!東京が被災して全員避難所生活になったら東北の方たちのような助け合い精神になるのだろうか不安になります!
我が家では震災の日より暖房器具はやめ電気も一部屋のみ!私は今日から髪を切り、ドライヤーを使わず節水にも協力します!極端かもしれませんが、生活においてまず自分が出来ることはこのぐらいなのかと思います!

2011年05月06日

明治座(傳次郎日記)

今月は花形歌舞伎公演に参加しております。
私自身、明治座で歌舞伎公演に参加するのは17年ぶりです。10年程前に「伝統芸能の若き獅子たち」という公演でもお世話になっています。今月は最初の「義経千本桜」から「高坏」までずっと明治座にいます!この花形公演の役者4人は実に華やか!
「高坏」では久しぶりに東京で傳左衛門さんと一緒です。また来月は松嶋屋さんの「連獅子」、7月は海老蔵さんの「鏡獅子」も二人で出演する予定です!最近は地方が多かったので3ヶ月一緒に東京っていうのは久しぶりです。。。
是非、5月は明治座へ、6月7月は演舞場にお運び下さい!

2011年06月08日

演舞場と国立(傳次郎日記)

今月は国立劇場の一部の「四ノ切」と演舞場の「連獅子」「夏祭り」を勤めています。
国立は壱太郎、演舞場は千之助、金太郎と平成生まれが大活躍!この三人は舞台も普段の行儀も素晴らしく、また舞台にも“華”があります!また間(拍子)も外さない!
特に連獅子の千之助君は足の拍子も外さないし、間もタメてお客さまの視線を集めることも既に身に付けた様子!これは凄いこと!連獅子の仔獅子を小さいうちに本公演で勤めるのは選ばれし家であり、彼自身の才能だと思います!今月の連獅子は素晴らしい舞台だと思います!
家があっても血があってもダメなものはダメ…とよく両親から言われました!
これからこの三人の実力に期待!

2011年08月01日

「伝統芸能の今」(傳次郎日記)

初日の浅草を終えて、今年も出来てよかったなぁ~という思いがこみ上げてきました!やはり今年の震災で世の中の“ながれ”が変わってしまったと思います。“継続する”という私や兄弟、それに亀治郎さんの思いと、それを各地で調整する制作やスタッフの大変さが今年の苦労点だったと思います。
今回も本当に意義ある意味ある公演にしたかったので、初日までずっと不安でした…けれどこの企画に賛同していただいたお客様がご来場いただき、募金にもご協力いただき本当に感謝です!
初日だけで予想をはるかに上回る募金額に感動しました!
我々の思いが輪になり形になり、病気と戦う子供たちに明るい未来が待っていることを願うだけです。
これからも社会に目を向けて我々が出来るひとつの事を大事にしたいと思っております。

2011年08月20日

「亀治郎の会」(傳次郎日記)

第1回からずっと伺ってる会ももう9回…去年も今年も夏はずっと亀治郎さんと一緒!という感じです!
「葛の葉」は京屋さんの型で最後の幕外など主人公の心理を表現されています。
「博奕十王」は40年前に猿之助さんが狂言からとり入れた作品で、我々も地獄にいる亡者の一人として参加しています!
葛の葉(女形)から博奕打ちにと天才・亀治郎だからできるのだと!そして芝居も踊りも鮮やか!本当に見応え充分な内容だと思いました!

2011年09月15日

9月・大阪(傳次郎日記)

9月なのにまだ暑いですね…大阪も暑いです。。
今月は大阪松竹座公演!8月のバタバタからうって変わり久しぶりに一カ月間の「勧進帳」に出演しています。芝居の勧進帳の空気間は独特で、我々も長裃をつけている時から何か戦にでも行くような感覚になります!また海老蔵さんと一緒だと舞台で自分の“気”を吸われそうになるような感覚にもなります!
また朝は「悪太郎」に苦戦。。。滅多に出ない狂言なので、頭に曲が入るまで大変でした!しかも囃子がとるキッカケも多い…(泣)
逆に「西遊記」は初演からずっとやっているので、頭にも入っている演目!
今月は昼夜ともバランスのとれた狂言で、我々も演奏していて楽しい月です!松竹座は熱いです!

2011年10月31日

十月演舞場(傳次郎日記)

十月は一心太助の作調と夜の部の小栗判官の陰囃子をさせていただきました!
一心太助はテンポが良い芝居でしたので軽快なリズムになるよう、また江戸前を意識して作りました。
小栗判官は猿之助さん、右近さん、そして今回は亀治郎さんとさせて頂き、長きに渡り再演され受け継がれ愛される作品というのは本当に素晴らしいことなんだと感じました。来年いよいよ新・猿之助誕生!この猿之助歌舞伎を継承し発展させていくことは大変な苦労だと思いますが、今の亀治郎パワーならきっと面白い舞台になるでしょう!私もお手伝いするのが楽しみです!

2011年12月06日

獅子虎傳阿吽堂(傳次郎日記)

もう七年もさせていただいている世田谷パブリックシアターでの公演…毎度内容に困っていましたが、今回は芸術監督であられる野村萬斎さんにご出演いただけることとなり、それでは染五郎さんもお呼びして「二人三番叟だ!」とすんなり内容が決まりました!
今回で三響會版「二人三番叟」を上演するのは三回目。お二人が共演するのも三回目!三響會公演でしかお二人の共演がないのが意外です!!
今回は演目発表や前売りも遅かったのですが、さすが萬斎&染五郎!チケットも即完売!
やはり伝統芸能のスター二人は凄かった。。自分も客席から観たかった…

2012年01月02日

お正月(傳次郎日記)

あけましておめでとうございます!
年末年始は相変わらずバタバタでした。1日のセルリアンタワー能楽堂の公演にも、沢山の方々に足をお運びいただきました。
今年は三響会も15周年でございます!更なる飛躍を目指し頑張りたいと思っております!

*写真はお正月のセルリアン公演で使用した太鼓の胴です。今年の干支「龍」の蒔絵を使いました!
DSC_0004.JPG

2012年02月06日

2月は(傳次郎日記)

1月の大阪・松竹座公演を終えて2月は博多座公演に参加しております。
1月は海老パワー!2月は亀パワー!と体力は勿論、精神面でも負けないよう頑張ります!
2月は久しぶりに朝から晩まで演奏しっぱなし!テンション高く頑張りたいと思います!

2012年03月13日

中村座にて(傳次郎日記)

震災から一年、中村座にて14:46に追悼演奏させていただきました。
特別ゲスト...亀井忠雄氏!
日本人としてこの日に親子でできたことに感謝!来てくれた親父に感謝!命に感謝...
まだまだ一人一人が考えなければならない復興への道。。。

DSC_0056.jpg

2012年03月28日

おはなしに音をつけよう(傳次郎日記)

先日、KAAT神奈川芸術劇場で子供たちに囃子体験レクチャーをさせていただきました。
我々が黒御簾で使用する楽器を10種類ぐらい用意し、そこから選んで作調するという内容です。
歌舞伎の囃子は音楽性と表現力が大切です。打楽器を使って情景や心理をどう表現するか...
最初は難しいからどうなんだろう?と思っていましたが、結構積極的に前へ出て楽器に触れあい表現していました!子供の感性の素晴らしさにびっくりで、大人では考えつかないような工夫を各自考えていました。ピーターパンの世界ではないですが、大人になると忘れがちな感覚を子供たちの持つ感性で教えられたような一日でした!
P3100063.JPG

2012年11月03日

今年は…(傳次郎日記)

夏の「珠響」「伝統芸能の今」
秋の「古典への誘い」「三響會」
と四本連続の企画公演無事に終わりました。。。続けることの大事さ、難しさ、プレッシャー…様々な事を考えました。
今年の公演はどれも照明にこだわり、光と音・光と動きを考え、演出や舞台美術も“空間”を大事にしました。
珠響の朗読劇と伝統芸能の今の演出は難しかったですがとにかく楽しかった!猿之助さんのパワーや共演者の音のおかげで舞台の色彩が浮かんできました!
「古典への誘い」は古典を大事に、またお客さまが飽きないように野外のような空間を造りました。
「三響會」は今までの自分をフル活用!三番叟はポップアップ(飛びゼリ)やサプライズゲスト(田中佐太郎)も参加と古典を守りつつも大胆にと“三響會らしさ!”を出しました!ポップアップは危険な装置ですが猿之助さんにご協力いただき感謝です。サプライズゲストの本当の意味は、ただ親が出るのではなく、一門全員を教え率いてきた佐太郎先生に感謝という私の勝手な信念にご協力いただきました!15年…早かったですが濃い15年だったと思います。。。
打ち上げで猿之助さんが「我々の年代はずっと生意気に傾こう!」と…納得!
来年も…と言いたいところですが、しばらくは新しい歌舞伎座など各劇場が忙しくなりそうです。。。

※写真は「伝統芸能の今」の龍神より

DSC_0174s.jpg

2013年10月25日

八千代座にて(傳次郎日記)

海老蔵さんの公演「古典への誘い」で八千代座に伺っています!
くまモンとチヨマツくんに会いました!!

DSC_0154.jpg

2013年10月28日

八千代座さん(傳次郎日記)

3日間の「古典への誘い」八千代座公演が終了しました!
公演中、八千代座正面にはなんと三響會ののぼりが…。

関係者の皆さま、本当にありがとうございました!

131026_094000.jpg



Powered by
Movable Type 3.35