« 2012年04月 | メイン | 2012年07月 »

2012年05月 アーカイブ

2012年05月07日

傳左衛門日記 5月3日

平成中村座舞台稽古。
終了後、世田谷のシアタートラムに行き、キャサリン・ハンターの独り芝居「Kafka's Monkey」を観る。
公演中なので内容は伏せるが、舞台上での憑依とも言えそうな集中力の高さ、真摯さ、勿論身体性の高さ。
一部のオペラやバレエのスターのような、観光ついでの来日では無い。その真剣さが素晴らしい。
キャサリンとは四年前に野田秀樹氏作・演出の「The Diver」で一緒に仕事をしたし、過日野田氏の「The Bee」英語版を観たが、洋の東西問わず、他に喩えようの無い名優である。
日本に居ながら、世界トップクラスの演劇を観ることが出来る、至高の時間であった。
終演後の乾杯では打って変わって、リラックスしたチャーミングな感じ。まこと愛すべき人である。
DSC_0106%EF%BC%99.jpg

2012年05月08日

渋谷亀博

ゴールデンウィーク直前にオープンし、話題となっていました「渋谷ヒカリエ」。
三響會ブログをご覧になっている方ですと、
既にご存知、またはお出でになった方もいらっしゃるかと思いますが、
このヒカリエで四代目 市川猿之助襲名記念「二代目 市川亀治郎大博覧会」が明日9日まで開催されています。

本日は夕刻より「渋谷亀博」のスポンサーでもあるOldParrさんの貸し切りイベントが開催され、
亀治郎さんの亀治郎としての最後の(?)舞踊に、傳次郎も参加させて頂きました。

ご襲名に向けて毎日本当にお忙しい中、
ご一緒できたことに、傳次郎もとても喜んでおりました。

イベント終演後は明日閉幕の亀博のため、物販ブースで亀治郎グッズに
サインを書いて書いて書きまくって(!)おられました。
中には亀治郎さんのいたずら心満載のサインも!

明日の最終日は18時まで(ご入場は17時半まで)の開催となるようです。
ぜひお出ましくださいませ。


サインを書いて一息つかれた亀治郎さんと。
s-P5080383.jpg

傳次郎が頂いたサイン入りの写真集「亀治郎の肖像
s-P5080381.jpg


2012年05月09日

傳左衛門日記 5月9日

平成中村座。
今日は昼の部のみ、終演後急ぎ国技館に行く。
久々の本場所観戦。
中入の休憩に、中等科時代の同級生で、現在NHKの相撲中継担当アナウンサーの太田氏が席まで顔出しに来てくれた。
過日個展を観に行った画家の東園氏、それを仕切る日本橋の老舗画商の三谷氏、今日の太田氏、皆学習院の同級生が、それぞれの世界で日本文化の一翼を担っている。
今場所の勘三郎丈の中村座の懸賞の如く、日本文化内の相互交流は必要なことであり、年寄りでは無いが、若くも無い我々の世代が、まさにそこに差し掛かっていると改めて感ずる。
中等科の頃、初めて歌舞伎に出勤する時、祖父は何事も先ず10年だよ、と言っていた。
同級生達は社会に出て10年を経、一服の茶を喫し、たまに芸術や伝統芸能に触れ、愛でる機会が増えれば、自ずから心が豊かになることを、心身で理解出来るようになっていることと思う。
相撲も些か空席が目立つし、美術や伝統芸能も、決して良いと言えない時もあるが、文化を絶やさぬよう、それぞれの立場で訴えかけたい。
劇場や国技館には、ネットでは体感出来ない素晴らしさがある。
DSC_0114%20%282%29.jpg



Powered by
Movable Type 3.35