« 2011年02月 | メイン | 2011年04月 »

2011年03月 アーカイブ

2011年03月02日

傳左衛門日記 3月1日

朝演舞場「吉原雀」舞台稽古、終わって福岡に飛び、博多座三月公演舞台稽古の音をチェックする。
「棒しばり」も「夏祭浪花鑑」も常は舞台上、客席からの眺めは新鮮である。
勘太郎丈初役の団七がとにかく素晴らしい。コクーン版初演の時、彼は何歳だったか。芸の継承を眼前にするのは、古典芸能に携わる全ての者にとって大きな喜びである。
「夏祭浪花鑑」の音は初演以来随分進化させてきた。今回はからずも主役が代わったことで、また新たな化学反応が生まれそうな気がする。
初役のエネルギー、必死さ懸命さは再演以降には味わえない。全ての歌舞伎愛好家は、福岡に飛ぶべきである。
様々手直しが有って、稽古終了は23時半。ホテルにチェックインすると同時に35歳を迎える。
2011030212260000.jpg

2011年03月04日

南座初日を終えて(傳次郎日記)

久しぶりのブログですみません…
昨日は南座の「獨道中五十三次」の初日でした!
今年は一月に亀治郎さんの「独楽」や演舞場の「三番叟」、二月は玉三郎さんで博多座と…自分の十代の時からお世話になっている方々の舞台でした!
今年に入り富十郎丈の訃報…ショックでした…雀右衛門丈との「二人椀久」など数々抜擢していただいた恩ある方!亡くなった翌日に「三番叟」の幕があいたとき大向こうで「天王寺屋!ありがとう!」と、かかった時には涙が出そうになりました。また鷹之資さんが見事に勤めあげたのが素晴らしかった!千秋楽には「鷹之資!天晴れ!」と大向こうがかかり、それにも感動!
二月は玉三郎丈のすごさに圧倒され、今月の猿之助丈のカリスマ性に魅了され!本当に自分は恵まれた…と確信しました!
猿之助丈・玉三郎丈のイズムを本当に後世に伝えていかなければならないと思いました!

2011年03月07日

傳左衛門日記 3月7日

三響會の本公演を毎年定期的に、という声を頂戴しているのは承知している。昨今舞台芸術、特に伝統芸能離れが進行している現代社会に於いて、お客様側から開催を求められるのは、大変な名誉である。
兄弟の考えは知らないが、三響會はあくまで研究・創造・実践の結果を発表する場と考えている。やりたい事、ご一緒したい出演者、発表に値する場所が揃って初めて開催する、勉強会としてのスタンスは守りたい。
そんな不定期開催にもかかわらず、常日頃我々を後援して下さる方々の存在は実に有難い。
三響會には「三響會倶楽部」という後援会が有るが、このほど事務所が会員限定タンブラーを作成して会員の皆様にお配りしたとの事で、サンプルをいただいた。
有名なベルリンの信号機のキャラ「アンペルマン」のようにシンプルだが特徴有るデザインが気に入った。家紋でも入っていようものなら困ったが、これなら一見して誰だか判らない分、照れる事無く使いやすい。
連日楽屋では珈琲を飲むが、マイタンブラーはエコロジーにもエコノミーにも良いと改めて実感する。
2011030713420000.jpg

2011年03月12日

3月12日(土)三響会倶楽部交流会中止のお知らせ

東北地方太平洋沖地震の影響を考慮し、
3月12日(土)三響会倶楽部交流会を中止させて頂きます。

誠に申し訳ございませんが、3月14日(月)以降に振替日の可否等、下記電話番号よりご案内申し上げますので、今暫くお待ち下さいますようお願い申し上げます。

三響会倶楽部 03-3542-2800

2011年03月12日

傳左衛門日記 3月12日

東北大地震。先ずは三響會を御愛顧の皆様、並びにご家族関係者皆様のご無事を願うばかりである。
昨晩は演舞場公演は中止となり、帰宅しようと取り敢えず歩いたが、朝のラッシュのような人だかりなのと、翌朝の演舞場が心配なので桜田門辺りで引き返す。
長岡ナンバーのバイクに乗った、フルフェイスに目出し帽風の若い男が二人、事務所界隈のマンションを指差していた。火事場泥棒の類いか、近付いてブツブツ言いながら携帯の写メのシャッター音を何度かさせたら退散した。
銀座の三響會事務所で夜を明かすが殆ど眠れず。朝演舞場休演の報せ、劇場に向かい確認。都内殆どの劇場が休みになったそうだ。
夜の三響會倶楽部会員限定の食事会も中止。せっかく申し込んで下さった方々には申し訳無いが、やはり安全第一である。
実家稽古場の玄関の壁と瓦が損傷したと母から報せ、急ぎ実家に向かう。古いものは大事にしたいが、寺社でも無いのに瓦はそろそろ限界か。

2011年03月14日

傳左衛門日記 3月13日 

演舞場再開。朝一で劇場に向かう。
災害の映像を視るにつけ、我々が先ず出来る最低限の救援は寄付と節電と痛感。
寄付は斯様な御時世、詐欺、紛い物が横行する。よくよく精査せねばならない。
節電は政府も呼び掛けているが、繁華街の無駄な明るさ、殊にゲーセン・パチンコの類いなど実に無駄で、腹が立ってくる。機械相手の娯楽で心が充たされるなら本や音楽や、ショービジネスなど、不要。取り急ぎ使用してない電化製品のコンセントを抜いたり、昼は照明を点けないなど、一人一人の心掛けが肝要である。

2011年03月15日

傳左衛門日記 3月14日

大地震発生三日後。
杉並の端に住む身に通勤は応える。渋滞の恐怖からタクシーは駄目、計画停電の影響で電車も大混雑。
ようよう都心に着き喫茶店に入ると煌々と電気を点け、無駄な音楽が流れている。斯様な連中の通常営業に我々郊外の人間の節電した電気が使われていると思うと本当に腹立たしい。
昨日から新橋演舞場をはじめ、都内各劇場がほぼ再開したようである。
昨日は演舞場を開けてから、渋谷の東急文化村に行き、邦楽監修をさせていただく五月シアターコクーン「たいこどんどん」の、古田新太氏の三味線の稽古に立ち会う。
三味線を触るのは初めてとの事だが、上手の人は何をさせても上手である。数回の稽古で素晴らしい進歩、指導の杵屋勝松氏のスパルタながら丁寧な指導方法にも感心する。
夜演舞場、こんな非常時にも来て下さるお客様は本当に有難い。常に増した演技、演奏、質の高い舞台。
2011031422590000.jpg

2011年03月16日

東日本大地震(傳次郎日記)

毎日ニュースからの悲しい知らせ…亡くなられた方、被災された方、家族を失った方…あまりの悲惨さ…
画面から目が離せないというよりただ呆然とするしかない状態です。
その一方東京はスーパーやガソリンスタンドで大混乱…と何ともお粗末なニュースに唖然!今は自家用車よりまずは物流業者などに優先してもらいたいです!東京が被災して全員避難所生活になったら東北の方たちのような助け合い精神になるのだろうか不安になります!
我が家では震災の日より暖房器具はやめ電気も一部屋のみ!私は今日から髪を切り、ドライヤーを使わず節水にも協力します!極端かもしれませんが、生活においてまず自分が出来ることはこのぐらいなのかと思います!

2011年03月18日

傳左衛門日記 3月17日

大震災発生六日後。

何処に行っても、もはや東京名物の買い占め禍。
勿論、家族の命を預かる家長として、当面必要な備蓄はすべきと思うが、"買い出し"と"買い占め"は違う。
デパ地下などは惣菜やデザートに溢れ、営業している店は、ほぼ通常のものが食べられる。
大人なら、別段米が無くとも、何かしら他の炭水化物は摂取出来る。
米や牛乳その他、子供の食べる物を買い占めるのが分別有る大人の仕業か。何か起きる度にティッシュが無くなるのは、滑稽でさえある。
高利での転売目的で購入している人間もいるようだが、ろくな事はない。
昔中等科の頃、広忠さんが聞いていたRCサクセションの歌で「放射能はいらねぇ~牛乳が飲みてぇ」と、プレスリーの替歌で原発風刺をした歌が有ったのを思い出したが、天の忌野清志郎氏はこの騒ぎを如何思っているだろう。

さて、新橋演舞場は今日から二日間休演。
演劇の上演に関しては様々な意見が有るが、戦時統制下でも能や歌舞伎や宝塚等はギリギリまで公演をしていた。
当時の社会と現在は民度が違うが、人々が集い、人の演技や演奏に喝采し涙し、励まし合い助け合う事を共有出来る劇場とは、素晴らしい場所である筈だ。
是非劇場文化の灯は消さないで頂きたいし、皆様には能や歌舞伎のみならず、演劇や音楽等、全ての芸術を愛護して頂きたいと思う。
少しだけ携わった野田秀樹さんの池袋の東京芸術劇場の「南へ」も再開したそうだが、チャリティをしているとの旨を伺った。
昨年三響會と亀治郎さんとの「伝統芸能の今」のツアーは小児癌の子供達の社会復帰を手伝うチャリティが目的であった。
昨日所属する東京ワンハンドレッドライオンズクラブの会合に出席し、改めてチャリティとはなにかを考える事が出来た。

また、やはり義援金詐欺が横行している。
我々はライオンズクラブを通じて寄付や援助が出来、被災地復興への一助となるのが有難い。
そして、三響會で出来る事は何かを考えたい。
先ずは被災地、我々は狼狽せず粛々と節電。
2011031717020000%20%283%29.jpg

「獅子虎傳阿吽堂 番外編 Vol.2」公演中止について

この度の東北地方太平洋沖地震および
長野県北部を震源とする地震により被災された皆様に、
謹んでお見舞い申し上げますとともに、
1日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

3月27日(日)に世田谷パブリックシアターにて開催を予定しておりました
「獅子虎傳阿吽堂 番外編 Vol.2」に関しましては、
当初予定しておりました公演内容の上演が困難となりましたため、
中止を決定いたしました。

ご来場を予定されていましたお客様には深くお詫び申し上げます。

三響會にてチケットをお求めいただきました皆様への
払い戻し等につきましては、順次ご連絡をさせて頂いております。
ご不明な点などございましたら三響會までお問い合わせください。

三響會03-3542-2800

2011年03月19日

「亀井忠雄の会」公演詳細が決定致しました

「亀井忠雄の会」公演の詳細が決定致しました。

チケットの御予約は4月25日(月)12:00より受付開始致します。
受付はお電話のみで承ります。
三響会企画(03-3542-2800)にお電話下さいませ。

また、席種につきましては以下の座席表にてご確認ください。
ご予約の際、席種の御指定を承りますが、座席番号はお選びいただけません。
110701_seat.jpg


チラシ記載の番組表は、こちらからご覧いただけます
亀井忠雄の会・番組表(PDF)

この公演に関するお問合せは、
http://www.sankyokai.com/contact.htmlこちらのメールフォーム、
またはお電話(03-3542-2800 ※受付時間:平日12時-17時)・FAX(03-3542-2810)にて承ります。
尚、メールフォーム、FAXでのチケットの御予約はお受けしかねますので、
あらかじめご諒承の程をお願い申し上げます。

2011年03月22日

東北地方太平洋沖地震復興支援に関するお知らせ

この度の東北地方太平洋沖地震の復興支援として、三兄弟が所属いたします奉仕団体「東京ワンハンドレッドライオンズクラブ」さんが、街頭募金活動を実施されることが決定致しました。

日時:3月24日(木)10:00~15:00
場所:東京・JR渋谷駅「モヤイ像」前

当日、上記時間内のいずれかで、田中傳左衛門・田中傳次郎が参加する予定です。

また、三響會では有限会社三響会企画を通じ、本日3月22日(火)、日本赤十字社へ30万円の寄付を致しました。被災地の一日も早い復興を心より祈念致します。

2011年03月28日

傳左衛門日記 3月24日

朝渋谷駅。
所属する東京ワンハンドレッドライオンズクラブの主催する、東日本大震災の義援金を募る呼び掛けに参加する。
地下鉄なかなか来ず、集合時間に少々遅れた。
到着すると前会長の傳次郎や村治佳織さん等メンバーに混じって、片岡愛之助丈の姿。「仕事有るけど、一時間だけ飛び入りさせて貰うよ」との男気溢れる言葉。
募金開始。
殆どの募金活動がゲリラ的との事だが、あとで始末書を書いたり、このご時世に警察の手を煩わせてしまうのは忍びなく、我がクラブは「許可を取る」事に拘ったそうだ。
呼び掛けてもなかなか募金者来ず。「伝統芸能の今」とは全く違う完全アウェー感。
と、幾人かの子供達が村治さんの募金箱へ。まさに浄財。一同感動した。
やがてシアターコクーンで公演中のピアニスト小曽根真氏、片岡孝太郎丈・千之助君父子来。父子はその後共に街頭に立って呼び掛けてくださる。只々嬉しく、残寒厳しき中にも笑顔が戻る。
午後広忠氏来、また、同じクラブの田子ノ浦親方が、大関把瑠都や日馬富士等人気力士を連れてきた。スポーツマスコミが押し寄せての大混乱に些か面喰らう。さながら現在上演中の野田秀樹氏の「南へ」のワンシーンのよう。
朝から休憩無しで四時間弱叫び続ける。疲労は無い、などと強がれない程の疲労感だが、大勢の方々の協力により、被災地支援の一助となる事が出来たであろうか。
阪神淡路大震災の時は、継続的な支援が復興を早めたそうだ。此度も一度のみならず、継続的に長い期間、支援を続ける所存である。
2011032718220000.jpg

3月24日街頭募金活動の御報告

三兄弟が所属致します奉仕団体「東京ワンハンドレッドライオンズクラブ」が、3月24日(木)渋谷駅前にて、募金活動を行いました。
三兄弟の呼びかけで、歌舞伎界から片岡孝太郎丈、片岡愛之助丈、片岡千之助丈、珠響メンバーで、ライオンズクラブメンバーの村治佳織さんが参加して下さいました。
また、ライオンズクラブメンバーの田子の浦親方の呼びかけで、相撲協会からは把留都関、日馬富士関、豊ノ島関、豊真将関、安美錦関をはじめとした力士の皆さんにご協力を頂き、募金総額は1,896,072円となったそうです。
沢山のご協力、ご声援を頂きまして、誠に有難うございました。
こちらの募金は被災地のライオンズクラブを通して、復興支援にお役立て頂くとのことです。
今後も、長期にわたるであろう復興の支援活動を考えて参りたいと存じます。
被災地の一日も早い復興を心より祈念致します。

bokin.jpg



Powered by
Movable Type 3.35