« 傳左衛門日記 7月5日 | メイン | 傳左衛門日記 7月6日 »

傳左衛門日記 7月6日

朝金沢。八時に宿を出て、飛行機で福岡、バスで熊本県山鹿市の八千代座へ。
毎年玉三郎丈の舞踊公演でお邪魔させていただいているが、受け入れて下さる八千代座倶楽部の方々や、お客様の暖かいこと、広忠は一瞬で劇場の虜になったらしい。
今回は宿泊が無いのが残念、後ろ髪を引かれつつ八千代座を後にして、一路福岡へ。
今月は山笠。度々福岡に来ているが飾り山を見るのは初めて。
疲れた身を押して宿泊のハイアットホテルから博多座まで散歩する。
2010070622490000.jpg 2010070622490001.jpg

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sankyokai.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/346

コメント (1)

masayo:

昨日、熊本市から八千代座の公演に参りました。
八千代座の芝居小屋としての雰囲気と、三響会のお三人の澄んだ響きと亀治郎さんの舞とすべてに惹きこまれました。
ありがとうございました。

自分と同世代の方の舞台ということもありまして、
みなさんのおっしゃったこと、
舞台でのお姿、
とても心に残りました。
そして、自分の立場から何をなしうるかを再考する機会ともなりました。

山鹿温泉は、熊本随一のお湯質ですので、
宿泊がなかったのが残念ですが、
これから続く公演の御盛況をお祈り申し上げます。

また、宿泊付きで熊本公演にいらしてください!!

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)



Powered by
Movable Type 3.35