« 2008年10月 | メイン | 2008年12月 »

2008年11月 アーカイブ

2008年11月17日

珠響 (傳次郎日記)

いよいよ明日、18日に『珠響~たまゆら~』が始まります。

なぜ、“始まる”なのか。実はこのコンサートは、自分にとって三響會と並ぶもの。10年20年と続けていこうと思っている舞台だからです。

今回の出演者は全員30代!稲本さんと村治さんとはプライベートでも仲良くさせていただいていますし、道山さんと風雲の会(実際は英哲さん)とは兄を通じて三響會や他の舞台でもご一緒させていただく仲です。
きっかけは稲本さんと村治さんと何か一緒にできないか、と盛り上がったこと。折角だから、自分たちの舞台を創ろう!というところからスタートしました。
20代で自分を磨いてきた方ばかりなので、「30代、自身の勝負の場」としてこの企画に全員快諾してくれました!今回セッションは無く、それぞれ自分の曲を持ち寄り演奏します。演奏家が100%の力を出すべく、それぞれの演奏を聴かせ高め合う…まさに“競演”です。

例えば、稲本さんの気合いの入り方は凄いもので、100年前のSTEINWAYを購入し今回の増上寺で披露するそうです。そういえば、我々の鼓も250年~350年前の物ですし、増上寺はそれ自体が歴史的建造物!音楽家のセッションは無くても、空間は現代と歴史のセッションになります!


三響會のコンセプトは能・歌舞伎・狂言を“囃子を通じての融合”です。この10年、「自分たちの20代という時期にどこまで挑戦できるか!?」を考えてきました。古典にこだわること、各ジャンルを尊重すること。そういった思いを、たくさんの出演者・スタッフに支えていただき、今日まで来たのではないか、と思っています。(いま劇場スケジュールや出演者スケジュールがあわないので、三響會の東京公演が中々組めない状態が続いていますが…新作の企画はありますので楽しみにしていて下さい!)

対して、これから“始まる”珠響への演奏家としてのコンセプトは“囃子へのこだわり”です。
先日、「演劇界」という雑誌で高橋睦郎先生から能楽、歌舞伎における「囃子の重要性」について、大変ありがたいお言葉を頂戴しました。
8月の「囃子の会」での両親の演奏の凄さ!最後に家族で演奏できた「獅子」!この思いを珠響という舞台にぶつけ、若き演奏家たちとともに勝負したいと思っております。

2008年11月21日

傳左衛門日記 11月16日

十日間続いた玉三郎さんの八千代座舞踊公演千穐楽。
こちらに来る度に、主催の八千代座倶楽部の方々をはじめ、熊本の山鹿という街を挙げて公演を盛り上げようという人情味溢れるもてなしを受ける。
旅館は朝晩毎日地元の食材を生かした献立を工夫して下さるし、昼は八千代座倶楽部の皆さんがおにぎりや味噌汁等炊き出しをして下さったり、近所の喫茶店のお姉さんがおにぎりを差し入れして下さったり、……。
温泉がまた素晴らしい。舞台で汗を出し、温泉で汗を流し、まさにスローライフである。
お客様も素晴らしい。皆さん心の底から楽しんでいらっしゃるし、玉三郎さん以下、板の上の我々もいつも以上に真剣勝負である。
玉三郎さんの一挙一動に万雷の拍手で、カーテンコールは平均四回。通常の歌舞伎公演では有り得ない。
帰京の日はいつも淋しいのと同時に、ここまで人々を魅了してやまない坂東玉三郎という役者の凄さ偉大さを感じる。
s-dnz1116.jpg

2008年11月22日

傳左衛門日記 11月17日

朝から母校学習院大学での講義。
初等科から学習院なので、学習院以外の学校は知らない。中・高・大と、新たに入ってきた友人を通じて外部を知るのみである。ぎすぎすしていないこの校風が大好きだ。
高等科一年の時に一ヶ月間、玉三郎さん勘三郎さんのLONDON公演に参加させていただき、立鼓に抜擢していただいたのは高等科二年の時である。大学は余りに多忙過ぎて二年で中退した。学業との二足の草鞋を履いていたあの頃が最も大変だった。
さて、学習院にはある名物校舎が有る。ピラミッド型の大講堂、通称"ピラ校"。今年取り壊されると聞いたのだが、実際に取り壊され、工事の柵に囲まれた風景を見るのは、本当に淋しい。
周りをそぞろ歩くと、取り壊されたピラ校のてっぺんが資材と共に放置されていた。将来はモニュメント的に保存するのであろうが、今はただぽつねんと。長年の友の変わり果てた姿を見たようなショックを受け、テンションが一気に下がった。
講義は毎年歌舞伎囃子についてとお題を与えられているが、専門的な話を長々するのも如何なので、広く歌舞伎について話をする。テンションが下がったまま講義に突入したし、結構な人数の大講義だったが私語も無く、中途退席もいなかった。今時の大学生は素晴らしい。
s-200811171018001.jpg



Powered by
Movable Type 3.35